クマの原因とは

悩む女性

目の下のクマの原因は何でしょうか?目の下にクマがあると疲れているとか、寝不足と思われがちです。実はほとんどの原因は血流が悪くなっているのです。血液がうっ血して黒く見えているのです。 人はストレス社会を生きているので、ストレス、過労や寝不足により血液循環はとても悪くなります。なので血行を良くすることでお肌に赤みが戻り、解消されます。対策としましてはマッサージが効果的です。お肌にいいスクワランオイルなどで、お風呂で軽くマッサージするといいでしょう。目の下から耳の後ろ、そして最後は鎖骨のリンパ節へ流すイメージでマッサージします。 また、他にもメイクによる色素沈着で目の下のクマができる場合もあります。この場合もマッサージをし、しっかりとクマを解消し透明感のあるお肌を目指すことが大切です。

目の下のクマやたるみは誰にでも気になるものです。目のクマは主に三種類あり、寝不足等から来る青グマ、皮膚のたるみなどによって出来る黒グマ、小さなシミなどが集まって出来る茶グマ等があります。 最も一般的と言われる、目の下の青クマは血行を促進するために、マッサージやコラーゲンの採取が適切だと言われます。皮膚のたるみが原因の黒グマは、目の下に出来ると加齢からかと気になるものです。その黒グマの解消法は、こめかみ付近にあるツボを刺激するなど、やはり血流をよくするのが無難なようです。 最後に茶グマですが、メイクの刺激、紫外線のダメージから来るため、UVケアを徹底したり、美白成分が入った美白化粧品を使うのが有効的なようです。これを機会に、目の下のクマともおさらばと行きたいものです。